結婚式を安くする方法が知りたいの?【格安からお得な挙式プランまで】

結婚式 安くする方法

結婚式を安くする方法が知りたいの?【格安からお得な挙式プランまで】

ご結婚が決まりおめでとうございます。
「結婚式の費用を抑えたい、総予算が安くなるようにプランしたい、始めからコミコミ価格のプラン」を選びたいと考えているカップルさんへ。 結婚式を安くするとひと言で言っても、総予算、激安、人数、挙式のジャンル、と絞り込んで検索しないと、手間と時間が掛かります。 そして、忙しい中で進めることで、「実は別のプランで挙式していれば大幅に安くなっていた」事に後で気付いたりします。 当サイトは、実際に安く挙式出来たカップルが「ここのサイトは大事!」というサイトを集めました。 普通に検索して出て来ないレアなサイトも集めています。横断的に比較することで、1つのサイトで見つけられなかった会場が見つかります。 お得に、オシャレな挙式が挙げられる事を、心からお祈りしています。

結婚式 安くする方法 関連記事

 
結婚式 安くする方法

結婚式をお安くする方法(低予算で式を挙げるポイント)

結婚式や披露宴を行う事は、決してお安くはありません。
満足できる結婚式や披露宴を挙げたいけれど、出来れば少ない費用で納めたいものですよね。
結婚式をお安く済ませるポイントを、ご紹介致します。
 

ペーパーアイテムは自分たちで作成する

結婚式に使うペーパーアイテムは、自分たちでも作成可能です。
自分たちで作成する事で、逆に味が出て良い結婚式になったという声も多く挙がっております。
これらのペーパーアイテムは、自分たちで作成するよう検討してみると良いでしょう。
  • 披露宴の招待状
  • 披露宴の席次表
  • 披露宴の席札
  • 披露宴お料理のメニュー表
  • ウェルカムボード

今は誰でもパソコンを使える時代になりましたので、これらのペーパーアイテムは簡単に作る事が可能です。
プロに頼むより個性的で良い感じの物が出来ますので、是非チャレンジしてみましょう。
ペーパーアイテムを自作で作る事で、5万円も節約できたというカップルもいらっしゃいます。
 

ビデオ関係

披露宴で流すプロフィールビデオや披露宴や挙式を撮るビデオは、自分たちで取る事で費用削減に繋げる事が出来ます。
近年は自作で結婚式のビデオ関係を行い、自作で行う事でこだわりを取り入れた物を作る事も可能となります。
結婚情報誌の調査によると、結婚式の際のムービー関係は半数が自作で作られているそうです。
以前は式場の専属の業者に依頼するのが普通でしたが、半分もの方達が自作で行われております。
業者に制作を依頼すると、安くて3万円程度、高い場合は30万円も取られるケースもあります。
ご友人や知人に動画政策をお願いする事で、お友達価格でムービー関係の作成が可能となります。
自信がない方は、有料の結婚式ムービーソフトがありますので、そちらをご利用すると良いでしょう。
 
結婚式 安くする方法
 

持ち込み品を増やす

結婚式や挙式で使う物は、式場によっては持ち込み可能な物があります。
それらを自分たちで用意する事で、費用削減へとつなげる事が出来ます。
持ち込みする事で費用を削減できた物は、このような物があります。
  • ウェディングドレス
  • お花
  • 引き出物
  • 神職(牧師など)
  • ヘアメイクスタッフ
  • ウェディングケーキ

持ち込みには持ち込み料が取られる場合が大半ですので、チェックした上で検討するようにしましょう。
ウェディングドレスの場合1点1~2万円、引き出物1点につき300~500円取られる場合もあります。
式場によっては、持ち込み不可能の場合もあります。
持ち込み料に関しては交渉により削減する事も可能ですので、式場を決める際に「持ち込み料が0円なのでればこちらに決めたい」等と駆け引きをしてみましょう。
大抵の式場では1件でも多く契約を取りたいので、減額や無料に応じてくれる場合が大半です。
 

自分たちで行う自信がない場合は外注に

自分たちで行って節約してみたいけれど自信がないという場合は、外注に依頼したほうが式場に任せるより節約となります。
結婚式関係の業者は数多くありますので、是非検討してみましょう。
お安い業者を採用する事により、費用削減へと繋げる事が出来ます。

好まれない時期やタイミングに挙式を挙げる

結婚式にはシーズンや好まれるお日柄というのがあり、それらに該当していない日というのは避けられる傾向があります。
それらの日に結婚式や挙式を挙げる事で、お安く費用を抑える事が可能となります。
人気が無いシーズンや日取りは、このような内容となります。

オフシーズンに結婚式を挙げる

費用削減の為には、シーズンオフに挙式を挙げる事でお安い費用とする事が出来ます。
結婚式のオフシーズンは、夏と冬です。
夏は暑く冬は寒いので、新郎新婦はもちろん来客者も不便を感じる季節です。
その為、このシーズンを避けるカップルが多く、シーズンオフとなるのです。
1~2月、7~8月、12月、これらはオフシーズンで人気のないタイミングとなります。
オフシーズンには格安の結婚披露宴パックを出す業者もおりますので、必見です。
 
結婚式 安くする方法

仏滅に結婚式を挙げる

結婚式は大安や友引がいい日柄と言われており、これらの日柄が先に埋まっていきます。
最近の若い方は日柄にこだわらず選ばれる方も多くいらっしゃいますが、仏滅だけは絶対に行いたくないというカップルは大変多くいらっしゃいます。
その為、仏滅は常に予約は開いた状態となります。
式場によっては仏滅割引を提示している事もありますので、お安く挙げる事が可能となります。平日に結婚式を挙げる
 
結婚式は集まりやすい日を設定しますので、土日祝日に行う事が定番となっております。
逆に平日は結婚式を挙げる人は少ないので、お安く済ませる事が出来ます。
平日は多くの式場で割引をしておりますので、費用削減とする事が出来ます。
また、他のカップルと重なる事が無いので、貸し切り状態で快適に結婚式を行う事が出来ます。

ゴールデンウィークやお盆などの連休

ゴールデンウィークやお盆は長期休暇ですので、旅行等レジャーを計画される方が大半です。
その為、結婚式を挙げようとする方は少ない傾向があります。
結婚式場は閑散期となりますので、お得に結婚式を挙げる事が出来ます。
 

直前割引でお安い費用に

結婚式というのは、半年前や1年前などに予約をする事が一般的です。
しかし、日にちによっては良い日取りなのに空いてしまう事があります。
そのような日取りを埋めるために、結婚式場では半年から3か月の間に挙式を挙げるカップルに直前割引を提示している場合があります。
挙式の日取りが近ければ近い程割引率があがっていきますので、式場側に問い合わせてみると良いでしょう。

見積もりは値引きを必ず行う

結婚式の見積もりを取って、予算に合わないというとお安くしてくれる挙式は多くあると言われております。
また、他の式場の見積書と比較して、下げられる要素がある場合は値引きしてもらうという考え方もあります。
結婚式場は1件でも顧客をゲットしたいので、ある程度の値引き交渉には必ず応じてくれます。
 

県民共済や都民共済を活用してみよう

県民共済や都民共済では、ブライダルサービスを行っております。
加入されている方はサービスを受ける事が出来ますので、ウェディングドレスや引き出物、提携結婚式場の割引利用等お得に済ませる事が出来ます。


結婚式 安くする方法
いかがでしたでしょうか。
結婚式というのはこだわりを持つとキリがないのですが、色々妥協する事で費用削減に繋げる事が出来ます。
費用の削減は必要な事ですが、忘れてはいけないのが参列者への配慮です。
自分たちが良くても、参列者が窮屈に思える挙式になってしまうようであれば、元も子もありません。
参列者に負担を掛けずに快適な結婚式になるよう、検討するようにしましょう。

▲TOPにもどる


 
結婚式 安くする方法
 

結婚式を安く済ませる為の装花の選び方とポイント

結婚式を安くする方法

結婚式や披露宴でなくてはならない物の中に、装花があります。
しかし、装花って想像以上にお金がかかる事ご存じでしたか。
どのような点に気を付ける事で装花費用の節約とする事が出来るのか、様々なポイントをご紹介致します。
 

安さだけを重視すると品疎となってしまう

装花というのは、意外とお高い費用となります。
しかし、安さだけに拘って選んでしまうと、品疎な式となってしまいます。
それでは、せっかくの装花も台無しとなってしまいます。
装花の費用を削減する為には、値段を抑えても綺麗で理想的なアレンジとなる事が重要となります。
例えば、お花以外に花器や花びらを使う事で、お花の量を少なくしても映える事が出来ます。
また、好みじゃないお花を事前に伝えておく事で、好みじゃないお花の費用を削減する事に繋げる事が出来ます。
価格の安さだけを重視するように業者さんに話す事で、当日確認すると明らかに節約しているとわかるような品疎な雰囲気に仕上がってしまった、などという失敗談もあるほどです。

ゲスト卓の数を減らす

披露宴での装花は、各ゲスト卓に手向けるお花の量だけでも相当な量となります。
1卓4,000程度が定番ですので、10卓ゲスト卓があると4,000×10で40000円となります。
10卓を8卓とするだけでも、8,000円の節約と出来ます。
1卓6人程度の場合は、1卓8人等と数を増やす事で、ゲスト卓の数の節約となります。
お花のグレードを下げるよりは、各テーブルに着くゲストの数を増やして卓数を減らす事の方がベストとなります。
見栄えも変にならないので、グレードを下げない装花の雰囲気とする事が出来ます。
ゲスト卓の装花を節約してしまうと、近くに居るゲストへの印象が低くなってしまいます。
いかにも節約しているという事がバレてしまいますので、絶対にお花のグレードは下げないようにしましょう。
 
結婚式 安くする方法
 

ゲスト卓に補色を取り入れる

ゲスト卓のお花のグレードが良くない場合は、卓上に補色を入れるようにしてみると映えます。
これらの補色で、見た目を大きく変えてプラスにしてみると良いでしょう。

テーブルクロスにライナーを入れる

テーブルクロスは白の場合が多いので、お花が品疎な色合いとなってしまうと物凄く目立ってしまいます。
お花の色合いを補色させる為、テーブルクロスの上に色が付いたライナーを敷いてみましょう。

お花の足回りに花びらを

  お花の足回りに、花びらを添える事で補色となります。
この場合造花でも構いませんので、お花の花瓶の足元に添えてあげるとグッと変わります。

お花の周りにリボンを巻く

お花の周りにリボンを巻くと、リボンの色合いもプラスされますのでとても映えます。
お花の色合いの中にないカラーのリボンを採用する事で、補色とする事が出来ます。

椅子にカラーをプラス

椅子は白等淡色系が多く採用されますが、椅子に色合いを設ける事で装花に対し補色とする事が出来ます。
 
結婚式 安くする方法
 

高砂席は大きくし過ぎない

高砂席が大きいテーブルの場合、横広になるので豪華な装花が必要となってしまいます。
高砂自体のスペースを狭くする事で、装花の量を減らす事が可能となります。
また、装花の量を減らす事でお花のグレードを上げる事も可能となりますので、クオリティの高い装花とする事も可能となります。

安く迫力のあるお花の採用

装花の費用は、お花自体の価格に左右されます。
安いお花を選ぶようにし、安くて数を増やすという考えですと品疎になりません。
ガーベラやでデンファレは単価がお安いので、お安く数多く使う事が可能となります。
また、カサブランカのようなお花自体が大きいお花は、見た目にボリュームを出す事が出来ます。
ある程度使いたいお花を指定しておく事で、想像とかけ離れない理想に近い装花にする事が出来ます。

季節のお花を取り入れよう

 
季節のお花を採用する事で、ある程度お安く済ませる事が出来ます。
結婚式でおなじみのバラは、5~6月の春が最盛期ですが、9~11月の秋にも作品種もございますので、この2つの時期にお安く手に入れる事が出来ます。

お花以外の添え物にも頼ってみよう

生花だけにこだわるのではなく、葉物やフルーツ、木の実などを混ぜる事で、オリジナリティーがあってグッと雰囲気が上がります。
 
結婚式 安くする方法
 

高砂席の生花の中に増加を混ぜる

よく行うからくりですが、生花の中に増加を混ぜる方法です。
意外と目立たず馴染んで映えますので、とてもオススメです。
高砂席のお花というのは、意外とジロジロ見る物ではありません。
その為、ほとんどの場合造花が混ざっているとは思わないのです。


結婚式 安くする方法いかがでしたでしょうか。
結婚式のお花というのは、想像以上の大きな費用となってしまいます。
しかし、このようなポイントで削減していく事で、少ない費用とする事も可能となります。
大事なのは、削減している事が参列者にバレない事です。
品疎にせず節約をし、理想の結婚式へと導きましょう。

▲TOPにもどる

 
結婚式 安くする方法


結婚式安くする為の結婚式場との交渉方法

結婚式を安くする方法

結婚式って、想像以上に高い費用がかかってしまいます。
出来れば値引きをして、お安い費用で済ませたいものです。
結婚式場での値引き交渉のポイントを、ご紹介致します。

結婚式場との値引き交渉は可能なのか

そもそも、お祝いの場でもある結婚式場で値引き交渉する事は可能なのか、と思われる方も多いと思います。
結婚式場と値引き交渉をする事は、可能となります。
結婚式場との値引き交渉は意外とされている方が多く、3組に1組が値引き交渉を行った経験があるそうです。
その中の8割のカップルが、値引き交渉に成功したそうです。
しかし、気になる事といえば、結婚式というおめでたいイベントなので、値引き交渉で互いが不快になりたくない、という事ではないでしょうか。
もちろん、相手を考えない強引な値引き交渉では、関係性が決裂してしまいます。
柔軟に値引き交渉を行う為には、いくつかのポイントを抑えて対応する事が重要となります。
   

結婚式場と値引き交渉を行うタイミング

結婚式場と値引き交渉を行うタイミングは、契約前です。
契約成立後に値引き交渉をする事はタブーですので、契約前に済ませておく事が重要となります。
見積書を出されたタイミングで、値引き交渉を行うようにしましょう。

いくつかの結婚式場からも見積もりを取って比較する

結婚式場というのは様々ありますので、いくつかのブライダルフェアに参加し、各会場から見積もりをもらって比較するようにしてみましょう。
見積書を比較し、それらの金額を元に交渉します。
お目当ての結婚式場がちょっとお高い場合「こちらの結婚式場ではこれくらいの金額だった」と伝えると、近い金額に値引きしてもらえる事があります。
 
結婚式 安くする方法
 

他の結婚式場と迷っていると伝える

他の会場と迷っているとアピールすると、顧客を逃したくないので費用の値引きとなる事があります。
その式場に気持ちが決まっていても、迷っているふりをしてアピールする事で値引きとなる場合があります。

有料オプションの無料化の交渉

結婚式には有料のオプションが多くあり、ほとんどの場合それらの有料オプションを使わないとスムーズに結婚式を進める事が出来ない場合があります。
結婚式全体の費用の値段交渉も良いのですが、有料オプションを無料化にしてもらう事でかなりの費用節約とする事が出来ます。
他の結婚式場よりも費用が高い、他の結婚式場では無料にしてくれたなど、様々な切り口で無料化をお願いしてみましょう。

値引き交渉に応じてくれやすい結婚式場とは

割引サービスや持ち込みが可能等、様々な部分において柔軟な対応をしてくれる結婚式場は、値引き交渉に応じてくれる傾向があります。

結婚式場と費用の交渉をしやすい時期とは

結婚式場と費用の交渉をしやすい時期とは、空いている季節や日取りが多いタイミングです。
シーズンオフの夏や秋は結婚式としては人気の低いシーズンですので、値引き交渉がしやすい記事と言えます。
また、仏滅、平日、大型連休も、値引き交渉がしやすいタイミングとなります。
結婚式というのは、時期により費用の差が発生します。
10%以上も変わる事がありますので、是非交渉をしてみましょう。
 
結婚式 安くする方法
 

契約する時期により値引き交渉しやすくなる

結婚式場によりますが、月末は値引き交渉しやすいタイミングとなる場合が大半です。
その理由は、ひと月ごとにノルマがあるので、月末となると顧客を取りたがる傾向があるからです。
値引きには営業担当者独自判断の値引きと、上司の許可が必要な値引きとがあります。
月末の値引きは営業担当者独断の値引きとなる場合が多く、あっさり値引きしてもらえる場合があります。

安易に契約をしない

値引き交渉は、契約後は効きません。
その為、契約前に交渉をしなければいけません。
結婚式場によっては、仮契約だけでも先にした方が良いと仮契約をさせるよう促しますが、仮契約を行った時点で値引き交渉は一切出来ません。
値引き交渉をしっかり行う為にも、安易に仮契約をしないようにしましょう。


結婚式 安くする方法いかがでしたでしょうか。
このように、結婚式場というのは契約前に色々交渉する事で値引きに繋げる事が出来ます。
契約前の交渉で大きな値引きとなったカップルもいれば、交渉するタイミングを間違って一銭も値引きにならなかったという方もいらっしゃいます。
値引き交渉は、タイミングの良さが大きなカギとなります。
また、あまりにも強引な値引きをお願いすると、その後の結婚式場との関係性が悪くなってしまいますので、あくまで慎重にお話してお願いする事が重要となります。
これらの交渉ポイントにより、納得のいく結婚式に導きましょう。

▲TOPにもどる

 
結婚式 安くする方法


結婚式安くする方法(引き出物選びの際のチェック方法)

結婚式を安くする方法

結婚式でこだわりたい物の1つとして、引き出物が挙げられます。
引き出物は、選び方や対処法によって費用がドンと膨れ上がってしまう場合があります。
どのようなポイントに目を向けて検討するとお安く抑える事が出来るのか、引き出物を選ぶ際のチェック方法やポイント等ご紹介致します。
   

持ち込み可能なのか持ち込み料金をチェック

引き出物はご自分たちで選んで結婚式場に持ち込む方も多くいらっしゃいますが、結婚式場によっては持ち込みが可能ではない場合もあります。

持ち込み可能でも持ち込み料を取られる場合も

持ち込み可能であっても、持ち込み料金を取る結婚式場もございます。
持ち込み料がかかる場合は、1点いくらなのかを確認するようにしましょう。
持ち込み料金は結婚式場によりマチマチであり、1個200~400円程取られる場合もあります。
これが100人分となると、20,000~40,000円の持ち込み料となってしまいます。

持ち込み料は交渉次第で無料になる事もある

持ち込み料は、契約前に交渉をする事で無料とする事が出来ます。
交渉次第では聞いてもらえますので、是非契約前にご相談をしてみるようにしましょう。
 

持ち込み料金がかからない結婚式場もある

もちろん、持ち込み料のかからない結婚式場もあります。
そのような結婚式場をご利用すると、持ち込み料0円でご自分の好みの引き出物を持ち込むことが可能となります。
 
結婚式 安くする方法
 

引き出物を入れる袋に別途費用が掛かる事も

引き出物といえば、引き出物の費用と持ち込み費用を考えてしまいますが、結婚式場の中には引き出物を入れる袋までも請求される場合があります。
例え1枚200円であっても、ゲスト全員の分で計算すると大きな金額となってしまいます。
結婚式場によっては、引き出物の袋を1枚400円で請求してきたケースもあります。
あらかじめ引き出物の袋の件を問い合わせ、金額によってはご自分で用意するよう検討するようにしましょう。

引き出物は外部から購入する方が断然お安い

引き出物は、外部から持ち込む方が断然お安く済ませる事が出来ます。
同じ商品でも、式場の提携店で購入すると定価の5~10%引きで購入が可能ですが、外部で購入すると20~40%引きで手に入れる事が出来ます。
割引率を比較して考えても、持ち込み料金を取られてしまってもお安く済ませる事が出来ます。
例えば定価5,000円の引き出物の場合、式場提携店は定価の10%引きですので4,500円、外部から購入した場合は40%引きで3,000円で購入が可能です。
外部から購入した物を式場に持ち込み場合は持ち込み料がかかりますので、持ち込み料金を500円としても合計3,500円となりますので、式場提携店よりも1個当たり1,000円もお安く手に入れる事が出来ます。
これがゲスト全員の分で計算すると、100人分で100,000円の差となります。
とても大きな金額の差ですよね。

  引き出物はネット購入でお安く

引き出物を自分たちで手配する場合は、ネットの引き出物専用のショップでお安く購入する事が可能です。
先程も記載した通り、定価の20~40%で購入が可能ですので、とてもお得に手に入れる事が出来ます。
また、発送を式場に直接送ってもらう事が可能ですので、手間がかかりません。
意外とご利用されている方は多く、口コミを参考にする事で理想的な引き出物に出会う
事が可能となります。

持ち込み料を負担してくれるショップを採用しよう

引き出物のショップによっては、結婚式場への持ち込み料を負担してくれるショップもございます。
ごく一部の費用の負担のショップもあれば、全額負担をしてくれるショップもございます。
 
結婚式 安くする方法
 

困る引き出物とは

引き出物は結婚式を行ったカップルの思いが詰まった物ではありますが、残念ながら中には好まれない引き出物というものございます。
せっかく引き出物を一生懸命検討しても、ふたを開ければガッカリされるのであれば台無しです。
好まれない引き出物は、このような2つの物です。

名前入りのもの

名前入りの食器などのグッツは、絶対に好まれません。
新郎新婦に気持ちは理解出来ますが、飾れないし処分に困るといった声が多く挙がっております。

重い物

重い物は、結婚式の帰りに持ち帰るのが大変です。
しかも、来客者は近場の方とは限らないので、思いたい引き出物は拷問にしか過ぎません。
引き出物は、軽い物が鉄則となります。

引き出物は、かさばらなく消耗品であるものが一番好まれます。
ゲストが帰りに持ち帰る事も考え、好まれる引き出物にしなければいけません。
 
結婚式 安くする方法
 

引き出物の「贈り分け」で費用を節約

近年の引き出物は、全員に同じ物を渡すのではなく「贈り分け」という方法を取り入れている場合も多く見受けられます。
引き出物の贈り分けとは、ゲストの好みや年齢層、立場に合わせて引き出物の種類を変える方法となります。
また、頂いたご祝儀の金額によって、贈り分けをする方法もございます。
贈り分けの仕方によっては、費用の削減に繋げる事が出来ます。
贈り分けのマナーとしては、引き出物にランクを付けた事を相手やゲスト全体にわからないようにする事です。
その為、簡単な事ではありません。
明らかに違いの分かる引き出物になってしまうと、ゲスト側に負担を掛けてしまう事もありますので、注意が必要となります。
贈り分けの大まかな分け方は、このような内容となります。
  • 年配親族、上司等、年齢層が高いゲスト
  • 同僚や友人等、年齢が近いゲスト
  • 家族や親族等の近し関係のゲスト


結婚式 安くする方法いかがでしたでしょうか。
この様な分け方をすると、ゲスト同士で贈り分けの内容に差がつかず、成功させる事が出来ます。
引き出物というのは、全員分となると相当な金額となります。
この様なポイントで決めていく事で、引き出物の費用をお安く納める事が出来ます。

▲TOPにもどる

 
結婚式 安くする方法


結婚式安くする方法(ウェディングケーキをお安くするポイント)

結婚式を安くする方法

結婚式を豪華にしたいけれどウェディングケーキの費用が心配、そんな方にはウェディングケーキの費用を節約する方法を実践してみませんか。
ウェディングケーキは豪華な物ですので、こだわればこだわる程費用がかかってしまいます。
しかし結婚式というのはあらゆる費用がかかりますので、ウェディングケーキに多くの費用を捻出する訳にはいきません。
ウェディングケーキの質を落とさずいかに費用を削減するのか、ポイントをご紹介致します。
   

ウェディングケーキの相場

ウェディングケーキの相場は、ゲスト1名当たり1,000~1,500円と言われております。
ゲストが100人の場合は、ウェディングケーキの金額は100,000~150,000円となります。
ウェディングケーキには、とても大きな費用が掛かっている事がわかると思います。
質を落とさず費用を節約するとなると、ゲスト1名当たり800円程度が限界といえるでしょう。
その場合、100名のゲストのウェディングケーキは80,000円となります。
1人当たり500円程度ですと安っぽい感じとなってしまい、いかにも節約している雰囲気が出てしまいます。
これらの金額を比較し、最適なウェディングケーキを検討してみましょう。

あらかじめ予算を伝える

予算を伝えないと、自分たちの予想を超えた金額のウェディングケーキとなってしまう場合があります。
それを避けるためには、最初のうちに予算を伝えておく事が大事となります。
もちろん新郎新婦はウェディングケーキの素人ですので、常識外れた金額を言うかもしれません。
相手はプロですので、その際はきちんと対応して考えてくれますので、費用を掛けないウェディングケーキを考案してくれます。
大事なのは、費用が少ないのでウェディングケーキに多額の費用を掛ける事が出来ない、という事を伝える事です。
 
結婚式 安くする方法
 

装飾に工夫をこなす

ウェディングケーキ自体に費用を掛けずに見た目を良くする為には、ケーキの装飾に力を入れてみるようにしましょう。
フルーツやチョコレート、クッキーを使うと、費用を削減させる事が出来ます。
逆に、季節外のフルーツやアメ細工、マカロン等を使うと、高上りとなってしまいます。

ケーキ自体を段積みにせず盛付け容器で重ねる

ウェディングケーキといえばケーキが重なっている事で豪華さを発揮しますが、ケーキ自体を重ねる事で費用が膨大に跳ね上がってしまいます。
ケーキ自体を重ねるのではなく、容器を使って重ねるようにすると、見た目は豪華な状態で費用を削減させる事が出来ます。
   

ケーキの形をシンプルにする

ウェディングケーキの形は、シンプルな形であればあるほどお安く済ませる事が出来ます。
スクエア型が板お安く、その次に丸型がお安くなります。
ハート形等凝った形の場合は費用が高上りとなってしまいますので、オススメ出来ません。

ウェディングケーキは必ず試食をする

ウェディングケーキの安さにこだわっても、美味しくないようでは本末転倒です。
ウェディングケーキは必ず試食し、美味しい物を選ぶようにしましょう。
結婚式に来られるゲストの方の目的は、結婚式をお祝いする気持ちよりも食事です。
どんなに豪華でいい結婚式でも、ウェディングケーキが美味しくないようでは台無しです。
結婚式場にケーキを注文する場合でも、ブライダルフェア等でウェディングケーキの試食は可能となります。
 
結婚式 安くする方法
 

ウェディングケーキを持ち込む

ウェディングケーキは、他店から持ち込むことが可能です。
もちろん結婚式場にもよりますが、持ち込みOKの結婚式場の場合は持ち込みも検討してみると良いでしょう。
一般のケーキ屋さんで「ウェディングケーキ承ります」とうたっているケーキ屋さんは数多くありますので、注目してみましょう。
結婚式場のウェディングケーキの様に高さのあるものは期待できない事もありますが、ケーキ入刀の跡にゲストと全員で切り分けて食べる事も可能ですので、デザートの節約にもつなげる事が出来ます。

ウェディングケーキを自分で作る

意外とあるのが、ウェディングケーキを自分で作る事です。
新郎に対し手作り感を出したい場合、自分で作ってくる新婦は多くいらっしゃいます。
プロが作りケーキとは全く違いますが、手作り感満載なのはとても素敵な事です。
結婚式場での結婚式ではなく、店舗貸し切り等アットホームな結婚式の場合に採用される事が多いケーキです。


結婚式 安くする方法いかがでしたでしょうか。
ウェディングケーキとは想像以上にお高いお買い物なのですが、結婚式には欠かせないアイテムです。
お安く済ませたいですが、お安くするのには限度があります。
結婚式は一生に一回の事ですので、思い出に残る結婚式にしたいものです。
しかし、結婚式をして終わりなのではなく、その後の生活が待ち受けております。
ウェディングケーキを立派にする事も理想ではありますが、見栄を張って首を絞めないように細かい部分まで検討をして理想のウェディングケーキとするようにしましょう。

▲TOPにもどる

結婚式 安くする方法