結婚式を安くする方法が知りたいの?【格安からお得な挙式プランまで】

結婚式 安くする方法

写真関係を安くする方法は、結婚式場に丸投げしない事

2017年05月01日 15時24分

写真費用を節約するには


挙式と披露宴の費用を節約したいけれど、なにをどうすれば節約になるのかわからない、というカップルは多いでしょう。

ドレスには新婦さんがどうしてもこだわりたいし、挙式費用や会場使用料はそもそも削れない、そして、参列の人数を考えるとプランも変更しづらい、という方には、写真撮影の費用を節約することをおすすめします。
 

アルバムにそこまでお金をかける必要はない


写真撮影の費用は、目立たないながらもそれなりの金額ががかるもの。
しかし、「そうはいっても一生の思い出に残るものだし、なかなか削れない」と思いますよね。

しかし、よくよく考えてみれば、写真は結婚式と披露宴にかかわる多くの要素のなかで、格好の削りどころでもあるのです。
結婚式と披露宴で大きな金額がかかるものといえば、料理に引き出物、ウエディングドレスや装花などがありますが、その中で、写真はなかなか特殊な地位を占めています。

なぜなら、写真は参列者の目にもっとも触れにくい要素のひとつだから。
たとえばアルバム作成費用というのは、写真関連のオプションのなかで、撮影料金は金額のうえで多くの割合を占めるもののひとつ。

しかし、実際にはアルバムはお花や料理とは違い、挙式日の数週間あとにできあがってくるもののため、参列者全員の目に触れるものではありません。
せいぜい、それぞれのご両親と、新居に遊びにきた親しい友人くらいでしょう。
 

データがもらえるなら自分たちでプリントしよう


現代では特に写真に詳しくない新郎新婦でも、簡単に写真を扱うことができるようになりました。
だったら、いっそのこと写真に関してはプロのカメラマンを使わず、持ち込み料を支払い、仲の良い友人などに少額のお礼を包んで、自前で済ませてしまい節約する方法もあります。

「カメラマンの持ち込みは禁止」という式場ももちろん多いですが、それでもやり方はあります。最低ランクのアルバムのみを注文するなど、費用を最低限におさえ、写真データがもらえないかきいてみましょう。

有料で撮影データがもらえるサービスであっても、自分たちでアルバムを作成するほうがまだ安く済む場合もあります。
結婚式 安くする方法