結婚式を安くする方法が知りたいの?【格安からお得な挙式プランまで】

結婚式 安くする方法

結婚式を安くする方法 - 挙式の平均は300万円って本当?

2017年04月17日 15時05分

国内での結婚式の平均費用は300万円程度です。
そんなにかかってしまうのには、理由があります。
一つは体裁、見栄です。

人に見られる結婚式では、ある程度見栄も張りたいのは本音です。
しかし、2人だけの挙式ですと、頑張ったとしても10万円程度で十分な内容になります。

少人数ウェディングというと、親族のみの会食で、顔合わせのウェディングとしても贅沢をして100万円程度です。
ただし、たいていは50万円~70万円が平均だと言われています。
300万円程度というのは、ゲストを大勢呼び、式場の言われるままのブラン価格ということになります。

結婚式は、料理・引出物・衣装代・会場装花とレイアウトなどですが、その他細かな明細だけで100項目程度あると言われています。
その一つ一つにマージンがかかり、少し不満があるとオプションなどをつけていくと、軽く300万円程度に達してしまいます。

例えば、ウェディングドレスですが、ドレスだけではなく小物、メイク、ヘアメイク、控室全てに料金が発生します。
たいていウェディングドレスの料金提示はドレス代だけですから、その他の項目で、何万円という料金がかかってしまうのです。

結婚式の料金を安くすると言うのは、余計なものを省くこととされていますが、衣装代などを持ち込みにして。知り合いの美容師に着付けをしてもらうとか、装花、ペーパーアイテムや招待状はこちらで用意する。
写真は1ポーズで、焼き増しは不要と言うように、いらないものは削っていく事ができるのが理想です。

ちなみに格安結婚式の平均は、10万円以下です。
これは手出しが10万円までという意味で、あとはご祝儀払いなどで、披露宴やパーティーをするものです。
中には0円挙式などもあります。
しかし、これは内容を見てみないとあまりにもケチケチブリがひどい場合は、当然オプションは考えなければならないといえます。

世間の平均はいろいろですが、自分達の結婚式は自分達で作るものです。
安くあげると言っても限度は当然あります。
お金をかけなければならない部分は、当然出すものは出すのですから、そうではない部分でどこまで節約ができるか?ということでしょう。
それには多くの結婚式場を見ることですが、自分の足でブライダルフェアやプランナーとの話し合いを積み上げていくことです。
特に急ぎ婚などは割引そのものが大きいですから、平均300万円の結婚式も大幅ダウンで挙式ができることもあります。
そのようなチャンスに出会うのも、数多くのブライダルフェアに参加しないとつかむことができません。
結婚式 安くする方法