結婚式を安くする方法が知りたいの?【格安からお得な挙式プランまで】

結婚式 安くする方法

結婚式を安くする方法で大事なポイント

2017年04月17日 15時05分

結婚式を安くするために節約し過ぎてはいけないポイントがあります。
それは、対ゲストにかかる費用です。

自分のための費用を削るのは良いのですが、親族のみの少人数ウェディングでも披露宴でも、ゲストのための料理と引出物に関しては、節約し過ぎない事が大事です。
節約するところは、会場費、会場装花だったり、ウェディングドレス、ペーパーアイテム、写真代などです。
これらは持ち込みができるようなところを選んで、安い上げる努力をしてみます。

安い会場費で、装花などは安い花や造花で工夫をするのですが、フラワーアレンジメントができる方に相談をすると、見事な装花を作ることができます、それも格安で。
ペーパーアイテムはインターネットなどに情報がとても多く参考になります。

写真代は、友人たちに自由に撮影してもらったものを編集。
ウェディングドレスなどは、バーゲンなどを狙って割引の高い良さげなものを選びます。
この、自分に関係するもののコストをなるべく下げます。

式場と直接交渉をする時もここを強調します。
特に持ち込み料などを安くするだけでも随分と費用全体が変わります。

そして、料理と引出物に関しては、特に力をいれます。
格安結婚式とされるブライダルフェアなどで実際に料理を口にしてみて、オプションで良い物があれば追加やグレードをあげましょう。
また、引出物も本当は安いけれどそうは見えないものではなく、適当な価格のものを選択することをおすすめします。

料理と引出物に関しては、ゲストの舌と記憶に残るものです。
チープ感のあるものですと、悪い印象が残ってしまいます。
それは、一生残るものですから、格安結婚式だったようだけど、料理と引出物は頑張ったねと言われる内容が褒め言葉です。

式場と契約をする時に料理と引出物以外の値引き交渉をやって見ることです。
格安結婚式だから開き直ってしまうのは簡単ですが、ゲストを招待するのに、安っぽさは出さないのも礼儀です。
少なくともご祝儀があったり、会費にしても対価としてのお返しは必要なことでしょう。
結婚式 安くする方法